ダイエットの仕組みを知れば続けやすい

痩せにくい体質でも必ず痩せる!リバウンドしない本気のダイエット

太る人と太らない人の違いってなに?

 

ここではダイエットとはどういうことなのかについて解説したいと思います。
その前にダイエットを始める前にでも触れた、摂取カロリーと消費カロリーのお話を
もう少し詳しく説明したいと思います。
 
 
 

太る人と太らない人の違い

 

前回の記事をもう少し詳しくわかりやすいように説明してみたいと思います。
 
前回の記事では消費カロリーのほとんどが基礎代謝であると説明しましたが
日常の運動ももちろん消費カロリーです。
 
その部分も含めて詳しく見てみましょう。
 

太らない人   摂取カロリー - 基礎代謝 - 日常の運動 = 0
太る人     摂取カロリー - 基礎代謝 - 日常の運動 > 0
 

当然ですよね。

食べる量よりも消費する量が少なければ太るのは当たり前です。
ですがこの式がダイエットにとってとても重要なんです。

 
ここで各言葉を数値に変えてみましょう。
 

太らない人   10 - 8 - 2 = 0
太る人     10 - 6 - 0 > 0


こうなります。

つまり、食べる量が同じでも基礎代謝や日常の運動が足りないと太るということです。

 
 

ではダイエットとは?


勘のいい人はもうわかったかもしれません。

ダイエット  8 - 8 - 2 = -2 (< 0)

 
みなさんわかりましたか?
摂取カロリーを2減らして基礎代謝や運動量を上げれば2減るということ。
これがダイエットです。


そしてこの式は、基礎代謝と日常の運動を増やせば増やすほど
痩せることができることをあらわします。

 
 
つまりダイエットとは基礎代謝と運動量が多ければ食べる量には依存しない、

基礎代謝と運動量がとても重要ということです。


 
 >> 次ページ あなたが知らないリバウンドする理由