摂取カロリーと消費カロリー

痩せにくい体質でも必ず痩せる!リバウンドしない本気のダイエット

太るということ、痩せるということ

太ったり痩せたりするのってなんでだと思いますか?

たくさん食べれば太る。食べる量を減らせば痩せる。

 
じつはどちらも半分正解で半分間違いです。
 
 

 

摂取カロリーと消費カロリーのお話し


世の中にはたくさん食べても太らなかったり
少ししか食べていないのに痩せない人がたくさんいます。
 

食べる量と体重の増減は消費するエネルギーの量
消費カロリー)によって左右されるものであり
摂取するエネルギーの量(摂取カロリー)では
ありません。
 

『それくらい知ってるよ』という人も、厳密には
間違っているのでもう少しこの話に付き合ってください。
 
 




 

カロリーの消費 = 運動量 は勘違い

 
カロリーの消費の大部分は運動量ではなく基礎代謝です。
 
基礎代謝とは、意識はしていないけど体が勝手に運動している不随運動だと
思ってください。


心臓の動き、何気ない動作時の筋肉の躍動、熱の生産などです。
 
基礎代謝=自然な筋肉の働き
 
 
 
基礎代謝が高いとそれに合わせて消費するカロリーも多いので食べても太らないし
簡単に痩せることができます。

基礎代謝が高い → 筋肉が良く働く → 使うエネルギーが多い
 


では逆に痩せにくい体質というのはどういう人でしょうか?
 
 
 

痩せにくい体質 = 筋肉量が少ない

 
筋肉量が少ない???

いきなり何のこと?と思われたでしょう。
ですがこれが基礎代謝にとても重要です。
 

何気ない動作や熱の生産が基礎代謝であることを先ほど説明しました。
その何気ない動作や熱の生産を支えているのが筋肉です。
 

つまり筋肉が多い=使うエネルギーが多い=基礎代謝が高いということなんです。
 
言い換えれば痩せにくい体質=基礎代謝が低い=筋肉量が少ないということに
なります。
 

>> 次ページ ダイエットの仕組みを知れば続けやすい